加齢臭とは?

人にはさまざまな体臭がありますが、いろいろな体の部位から出ており口臭や足の裏のニオイ、ワキガのニオイなど自分の体臭が気になる人も少なくないと思います。

若い頃はあまり自分の体臭に対してそこまで気にすることはなかったのに年を取ってから急に臭いが気になるようなことがありますが、中年以降に出てくる臭いは加齢臭と呼ばれる臭いが大半になっています。

名前の通り老化に伴って出てきやすい体臭ですが、単に老化現象が原因となって現れるだけでなく、他にも生活習慣などが関連して臭いとなって現れるケースも多くなっており、さまざまな原因が複合的に絡み合うことによって体臭になります。

加齢臭の対策用のサプリなどが販売されていますが、体内の環境が原因になって体臭が出ていることも多いことがサプリとして対策することができる理由になっています。


消臭ケア対策のアイテムを購入して使用することによっても加齢臭対策をすることができるようになっていますが、使用することによって得ることができる効果については個人差も大きいので注意する必要があります。

最近はインターネットを利用することで加齢臭に関する対策のグッズを購入して使用することができるようになっているので、購入して使用するとよいでしょう。

また、効果がどの程度になってくるのか気になる人もいると思いますが、口コミ情報などもインターネット上には多くあるのでチェックして評判がよいものを選んで加齢臭対策アイテムの購入をするとよいでしょう。

加齢臭の年齢

中年以降になると現れてくる体臭として知られている加齢臭ですが、一般的には男性だと40代を過ぎてから、女性だと50代を過ぎてから出てくると言われており、体臭については個人差が大きいというのも特徴になっています。

加齢臭の原因はいろいろあるので一概には言えない部分もありますが、生活習慣が絡んでいる部分は大きく、特に食生活の乱れや運動不足など基本的な生活習慣の乱れが加齢臭を引き起こすことがあると言われています。

加齢臭が出てくる年齢は昔に比べると低年齢化していると言われていますが、これはそれだけ不摂生な人が増えていることが理由と言われており、若い人だと20代でもかなり気になる加齢臭がすることもあります。

首から頭皮にかけて特に臭いが出やすいと言われていますが、皮脂が多く分泌されるようになって臭いも強化される特徴もあるので肌質が変わって脂性肌になると加齢臭が強化されるケースもあります。

加齢臭が現れた場合はきちんと対策を考える必要がありますが、さまざまな加齢臭対策の方法があるので体臭の状態にあわせてきちんとケアするというのがポイントになってきます。

また、汗のニオイやワキガのニオイなど人にはさまざまな体臭があるので、一概に体臭がきついからといってそれが加齢臭であるとは限りません。

自分の体臭のタイプをきちんと把握してそれに対しての対策をするというのが加齢臭対策を考える上で大切なことになるので、しっかり意識してケアをするようにしましょう。

加齢臭が出ている部位

きつめの体臭がするので振り向いてみると自分のニオイだったという話しは実際によくある話で、これによって自分から加齢臭がしていることに気付くこともあるのですが、後頭部や首元などから特に加齢臭が出やすいと言われているので、ケアする場合はこのあたりを重点的にケアする人が多くいます。

首元や後頭部あたりは皮脂が過剰分泌されやすい特徴があるので、これによって臭いも強烈に出やすい特徴があるのですが、皮脂が酸化することによって強烈なニオイになってしまうというものです。

加齢臭対策の方法にはいろいろあるので自分の体臭の状態にあわせてケアするというのが基本になってきますが、専用のサプリなども販売されているので摂取して体内からケアするという方法もあります。

また、首元や後頭部から加齢臭がする原因の一つとしてきちんとお風呂の時に洗うことができてないことによって臭いが出ているケースも少なくなく、洗い残しがないようにしっかり洗うということも対策をする上で大切なことだと言えます。

年を取ってから出てくるニオイなので加齢臭というイメージがありますが、実際は20代など若者にもニオイが出ていることもあるので自分は大丈夫だと過信しないようにすることも大切です。

また、体臭にはさまざまな種類があり、後頭部からニオイがする場合でもそれが必ずしも加齢臭だとは限らないので、人から指摘されるくらいのレベルになっている場合はきちんとニオイの原因を調べることも大切です。

加齢臭を自分で知ることはできる?

自分から加齢臭がしているということを知ると多くの人はショックを受けることになると思いますが、加齢臭は首元や後頭部などに出てくるニオイとなるので他の部位に比べるとニオイが分かりにくい特徴があります。

自分だとなかなか気付くことが難しいことから他人に指摘されて初めて知るという人も少なくないですが、振り向いた時にニオイがするレベルになっているとかなり強烈な加齢臭になっている可能性があるのでケアする必要があります。

自分のニオイに対して自分がなかなか気付くことができない理由としてあるのは鼻が常に自分のニオイを感じているためで、自分のニオイに対する耐性ができていることによって分かりにくくなっています。

最近はニオイを計ることができるチェッカーなども販売されているので、これを利用することによっても知ることが可能になっていますが、ニオイのレベルを把握することによっても加齢臭対策を考えることができます。

加齢臭対策アイテムはインターネットを利用して通販サイトなどを通じても買うことができるようになっていますが、いろいろな種類があるので予算やどれくらいニオイが気になっているかなどを中心に考えて選んでいくようにしましょう。

また、体臭の多くは体内環境の乱れによって引き起こされているので体臭が気になる場合は特に体に悪い食生活や運動不足などが習慣化してないかということも調べて加齢臭対策をすることが重要なポイントになってきます。

性別で違う加齢臭

加齢臭が強いイメージとして男性だと言う人は多いと思いますが、確かに中年を超えてくると多くの人から加齢臭が漂ってくるというのは実際のことで、日頃からケアしていても老化に伴う体臭の強化については防ぎきれない部分もあります。

一方であまりイメージがないだけで女性についても加齢臭は出やすい特徴がありますが、女性の場合だとあまり気付かないことが多いのは化粧品のニオイや香水などのニオイによって誤魔化されているためです。

これらのニオイが自然と加齢臭対策になっているわけですが、しっかりケアしてないと女性も同様に体臭が加齢と共に強くなってくるので意識して対策することも考える必要があります。

また、同じ年齢でも体臭がきつい人とそうでない人がいますが、この違いになってくるのは生活習慣の乱れなどが大きく関係しており、特に細胞を作っている食生活の乱れは肌に対してさまざまなマイナスの効果をもたらすことになるので注意する必要もあります。


加齢臭対策用のアイテムにはさまざまな種類があるのでニオイのレベルから考えて購入するというのがポイントにもなりますが、性別によっても対策用のアイテムに違いがあります。

ちなみに嫌な臭いが出ている部分は汗や皮脂などが分泌される肌が中心であるというイメージを持っている人は多いと思いますが、実際は衣類に汗や皮脂などが付着することによって体臭に繋がっていることも多いので、こまめに洗濯することなども加齢臭対策をする上で重要になります。